読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これって私だけ?

目下の悩み?

①彼氏とダラダラ付き合っており別れない

同棲中の彼氏がいるが、ハッキリせず、、で惰性で暮らしている様になっている。

最近読んだ本を実践しているので、相手のいいところ、今ある幸せを見つめる様には

しているが。

けど、こんなんで現状改善されるの?とも思うのだよね。

自分に引き寄せられてくる人は自分と同じレベルの人間、出来事然り、なそうなので

自分単体で満足出来るよう色々考えているところ。

思えば、世の中には幾らでも素晴らしいな尊敬できると思える人がいるし、これまでもそういう人に大勢出会ってきた。

そういう人たちと付き合いたければ、まず自分が相応しいレベルに居ないといけないってこと。

現状はいいの、こうだったらいいなを描き続けるから(!)

②単に生計を立てるのみにあらず、

 最上の自己を生きよ

というメッセージについて

近頃、件の内容について思慮を巡らすことがブーム。

読んだ本の中で繰り返し述べられるテーマなのだけれど、最初の段階で手一杯な私には、最上の自己とは??という感じで(ー_ー)!!

単に生活費を得る為に働くんじゃつまらないんだよね。

けど最上って?

なりたい自分に既になっていると仮定して行動すれば実感できるのかな。自分の内側に入っていれば出来るかと思って毎日瞑想している。

③瞑想大好き

昔から興味があった瞑想。やっと続けたいと思うCDと出会い、毎日15分頭を空にして呼吸することの清々しさを知った。

まだまだ雑念が出てくるけど、無になれた時は本当、解放感感じる。

意識を今に在る練習にもつながると思う。

今ここ以外は、心理的時間─過去か未来の、存在しない時間と一緒なのだとか。

 

神との対話を読んで

掲題の書を読んだのは数週間前になる。

1から3まで一気に読了。内容が難しいのと、読み終えるのが惜しいくらい幸福な時間だったので毎日少しずつ読めば良かった。

毎回ヒットに出会える訳ではないので急いたことを後悔。

ふと思えば、今回本書に「再会」したのは神様とのおしゃべりがきっかけなのだが、10年以上前に私は図書館で借りていた。

家のテレビに積読していたことを覚えている。

10年以上経ってから手元に取ったことを不思議に感じるのと同時に、

過去に読んでいれば人生舵取りが上手くなっていただろう。少なくともエラーで傷つく様なことは避けれたのではないかと。

私の中には存在しない、魂という観点を突き付けられ、内面性をないがしろにしてきたことを恥じた。

精神と肉体で出来ているのではない、我々は魂からなる精神と肉体で出来ている

三位一体の存在である。

私がこれまで空しさを感じたのはこの自分の内奥にある魂に気付かなかったからではないか。

これを読み終わってからは自分の何か欠いた思考、生き方に落ち込んだ。(もっと早く出会えていれば)

本書には、「最上の自分を生きよ」とある。

けど今までの自分にはない高次な見方過ぎて、日常レベルから何をしたらいいか

わからない。

今も思案中だ。

最近流行っている引き寄せの法則だが、神との対話でも出てきたので

これは普遍的な法則なのかもしれないと思い至った。気分良くすごす、自己愛につながることをやるメッセージは活かせてきてる様に思う。

この本の内容について人と話してみたい